イオンモバイル|格安スマホで快適に節約しよう!

格安スマホと言えば、SIMフリー。大手キャリアに比べると価格破壊とも言える安さで人気のSIMフリー携帯が人気です。

イオンモバイルは、格安SIMフリースマホの中でも特にお勧めのサービスです。

格安スマホとは?

格安スマホを語る上でチェックしなければいけないのがSIMカードです。

SIMカードは、端末を区別するための情報、例えば電話番号やID番号などが記録されたカードです。

スマホが通信できるのは、このSIMカードが挿入されているからです。

SIMロックとSIMフリー

携帯電話の大手キャリア、docomo、au、ソフトバンクなどは、SIMロックと言って、SIMカードを自由に差し替えできないようになっています。

SIMロックで顧客を縛って、それぞれのキャリア独自のサービスを提供するという仕組みです。

キャリア独自のサービスが使えるので、便利ではあるのですが、”縛り”があるので、料金が高いのが難点です。
スマホの通信料が高いのは、”キャリアが自由に選べない”というところに由来するのです。

対してSIMフリーの携帯端末は、SIMカードを選び放題です。
選べるという事は、ここに競争原理が働いて、どんどん安くなっていきます。

SIMカードもいまやいろんな会社が提供していて、通信料金も下がり、今や500円/月を切るSIMカードも登場しています。

音声通話ができる”普通のSIM”も1,000円前後から販売されています。

スマホ本体も格安

スマホ本体も大手キャリアに比べると、SIMフリー端末は安くなっています。
もちろん、キャリアの縛りがないため安くなっていますし、種類も多くなっています。

また、大手キャリアに比べて性能が落ちるということはありません。

格安スマホのデメリット

私は、docomoのXperiaとイオンモバイルのXperiaの両方を持っています。

どちらも見かけは全く同じなので、機能も同じと思って買ったのですが、初期設定の段階では、かなり差がありました。

また、不都合と言えるかどうか??ですが、格安スマホの方は、携帯メールアドレスが持てません。

なので、私はgmailを利用していますが、これを不便と感じる方はいるかもしれませんね。

格安スマホの登場!

SIMフリーの端末(スマホ本体)と、SIMカードの組み合わせで通信料が安くなることは判りますが、
これを組み合わせるのが大変だ!とは感じませんか?

ここに目を付けたのが、格安スマホなのです。

SIMフリー対応スマホ本体とSIMフリーカードをセット販売

イオンモバイル楽天モバイルなど、格安スマホの中でも大手の会社は、端末とSIMカードをセット販売しています。

これにより、大手キャリアと、ほぼ変わらない手間と時間で格安スマホを手に入れることができるようになりました。

保障やサポートもある

大手キャリアと同様に実店舗も増えてきました。

特にイオンモバイルの場合、イオンモールなど実店舗を展開しているので、イオンモバイル専用のお店も展開しやすいのでしょう、次々にショップがオープンしています。

まだまだ数は少ないですが、店舗数が追い付いてくるのは間違いありません。
お店で買って、お店で修理を依頼するのも簡単になってくるでしょう。

人気があり過ぎて入手困難なのが難点

イオンモバイルは、超低価格で衝撃的なデビューとなったっため、申込みが殺到して、
ネット販売が全く追いついてこない状況です。

2016年6月の段階で、まだ店頭販売のみという状況です。

状況は改善してくると思われますが、イオンモバイルのショップがない地域では、もう少し待たないと、
イオンモバイルは手に入らない状況です。

waon、トキメキポイントの使い方や貯め方の裏ワザを紹介しています。